満月の星座別テーマ新月の星座別テーマ

【魚座の満月ツインレイの願い事】再会統合のためのイメージワーク

魚座満月ツインレイのイメージワーク

2022年9月10日は魚座の満月です。今回も魚座の満月の力を借りて、ツインレイの再会・統合を促していきましょう。こちらの記事では主にサイレント期間に突入したツインレイのみなさんに向けてイメージワークをご紹介しています。

毎月の満月の手放しのアファメーションと合わせてイメージワークを行なっていただくことで、妨げになっている思考を手放し、再会・統合を加速させることができます。

【2022年9月10日魚座満月】願い事の書き方と潜在意識を書き換える手放しのアファメーション例文・ボイドタイム はこちらからご覧ください。

めーちゃん
めーちゃん

ちょっとスピリチュアル用語が難しいよ!なんのこと〜?という方は

説明記事もあるので、ぜひ読んでみてね♪

ぴよたん
ぴよたん

わぁ〜さすがめーちゃん〜♡説明ありがとう〜♪読んでみてねー(*´∀`*)

スポンサーリンク

ツインレイの魚座満月の願い事とイメージワーク

魚座のテーマは愛です。ツインレイのお二人にとって大切なことはお互いが自分軸に立つこと。

満月は『ツインレイ』との出逢い・再会・統合に必須条件自分軸で生きるための不要な思考や習慣を手放す良い機会です。

サイレント期間に突入している方は、満月のエネルギーワークをやることによりお相手の潜在意識と繋がり再会・統合へ向けての波動調整を行なうことができます。

満月で手放してイメージワーク新月で願いを宇宙に届けることを1セットにして毎月繰り返しアファメーションすることによって、ツインレイとの進展を促しましょう。

ふたごちゃん
ふたごちゃん

ツインレイのエネルギーワークも星座テーマごとに違うから要チェックだよ♡

満月の日にツインレイとの再会・統合を促すイメージワーク【NO.3】

こちらのイメージワークは全テーマ共通ですが、魚座には受け入れることや許しがテーマとしてあります。

ツインレイの再会・統合を促すために、自分と相手を許すということは非常に大切な重要な要素になります。相手に対して怒りを感じる、許せないところがある、どうしても受け入れられない。という部分をクリアしていかなければ再会統合は遠のいていきます。

こうなってくれたらいいのに、自分の望むように変わってくれたらなという気持ちは痛いほどわかりますがツインレイのお相手というのは鏡写しになった自分の姿であり、自分の中にクリアしなければならない問題や傷があることを教えてくれています。

サイレント期間はお相手とのやり取りが遮断されますので向き合うことができるのは自分自身だけです。今回は許しと受け入れを促しエゴの手放しのイメージワークをお届けしたいと思います。

満月にやるツインレイの再会を促す手放しのイメージワーク【NO.3】
  • 手順1
    満月を眺める

    悪天候で月が出ていなくても外に出て空を見上げるようにして下さい。

  • 手順2
    お相手の顔を月に思い浮かべ、宇宙のキラキラしたエネルギーを注ぐ

    出ていない場合は満月もイメージしましょう。

  • 手順3
    お相手の許せないところや受け入れられない部分を思い出す

    お相手とどんなことで衝突してきたか。許せないのはどんなところだったのか。お相手がどんな風に変わったら満足だったのか。

    離れたからこそ見えるところもたくさんあると思いますので、お相手と自分の未熟なところを照らし合わせてみましょう。

    【例1】気持ちをわかろうとせず自分の意見を押し付ける

    【例2】自分に従わせようとする

    【例3】そのときの気分や言動で振り回す

    例は、主に別れの原因に多いものを挙げています。このようなエゴ同士のぶつかり合いがある限りうまくいきません。お互いが成長し自分と相手を大切にできるようになることが重要です。

    手順3が、一番苦しい過程だと思いますができる範囲で構いませんので取り組んでみてください。

    ※ツインレイは『お互いを受け入れ、愛し無条件の愛を与え合うこと』が求められています。

  • 手順4
    お相手がこうあるべきだという決めつけのような思考があればそれを手放す

    お相手が映し出す姿が自分の中にもないか問いかけ、もしもお相手の言動を引き出しているようなパターンがあれば全て手放します。

    それらの不要なエゴを強力なブラックホールの中にすべて吸い込ませるイメージをしましょう。

    【例1】相手がやるべきことをやりすぎて依存させている

    【例2】自分は相手にすべて委ねているという思考や言動

    【例3】相手に合わせることが愛だと思い込んでいること

    これらは他人軸になると出てくる思考ですので、自分軸を妨げていますのでしっかり手放しましょう。

  • 手順5
    すっきりと手放せたら、どういう二人になりたいかをイメージし、満月を通して相手の心に伝える

    ここが一番大切なプロセスです。お互いを思いやり、愛し合い、それぞれが自分軸に立ち、自分の使命に向かって楽しく協力しながら二人で力を与え合っている姿をイメージします。

    あなたの未熟さも自分の未熟さもすべて受け入れ許します。『こうなりたいと思っているよ』と相手の心へ、その気持ちを伝えましょう。

    特にツインレイ同士は宇宙からライトワーカーとしての使命を与えられていることが多いので、再会・統合するまでの魂の成長を宇宙も後押ししてくれます。それを促すためにも、再会したらどんな二人になりたいかということをイメージすることは重要です。

  • 手順6
    成就後の自分や相手の姿をイメージする

    再会・統合したら、具体的にどんな気持ちで、どんなことをしてるかをイメージします。

    【例】お互いに愛情で満たされ、自分のことを大切にし、お互いを高め合いながら成長している姿をイメージします。

    また、お互いの存在がかけがえのないものであり、一緒にいると力強いエネルギーを与え合っているというイメージしてみましょう。

  • 手順7
    満月の写真を撮り次の満月まで待ち受け画面にする

    晴れて綺麗に満月が出ていれば写真を撮り次の満月までスマホなどの待ち受けにしましょう。加工して二人の写真を入れてみるのも◎です。

    ※星座別の満月ごとに待ち受けを変えましょう。

※天候が悪い場合も満月のパワーは有効ですので行なって大丈夫です。

サイレント期間中のツインレイさんへ

ツインレイのサイレント期間中は、お相手とのやり取りの中で心が傷ついていることも多いため、まずは、自分の心を癒すことが大切です。

魚座のテーマの中には『癒し』のパワーもあるので、満月の手放しのアファメーションで、心の癒しを取り入れてみてください。

再会統合に大切なことは、とことん自分と向き合い自分の足で立てるようになることです。お相手への依存心、またはその逆のお相手を依存させてしまうような思考があるならば手放していきましょう。

相手を頼れないなんて厳しいなぁ。辛いなぁ。と思うことも時にはあるかもしれませんが、この世に使命を持ちのお二人です。自分軸同士になることに大きな意味があり、宇宙からの後押しを受けられるようになります。

愛しい人との分離期間は寂しく感じることも多々あることと思います。しかし、魂を分けたお二人ですので、潜在意識では必ずつながっています。

同じような体験や経験を通し、一歩一歩再会・統合に近づいていると信じ、精神性を高めていきましょう。

サイレント期間を短縮するための方法の一環にこのイメージワークをご活用いただければと思います。

こちらも人気記事 ツインレイのサイレント期間を短縮し再会と統合を早める方法

コメント

トップへ戻る
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました